みえのカキ・トップ  3つの安心の理由(わけ)  安心確保の取り組みについて  最新の海域情報
 過去の海域情報  安心システム参加者一覧  みえのカキ安心協議会組織図
    最新の海域情報はこちら
    平成18年度の海域情報 (計27回予定)
    平成17年度の海域情報 (計27回提供)
なお、情報をご覧いただくにあたっては以下の内容を参考にご覧ください。 
三重県における過去の調査・研究結果から、健康被害の発生予測には以下の条件が大きく関与していることがわかってきています。
 @伊勢湾周辺地域で感染性胃腸炎の流行があったとき
 Aカキ養殖海域の水温が10℃以下となる時期
 Bノロウイルス(SRSV)遺伝子がカキのサンプルから検出されたとき
 C一度に50mmを超える雨が降り、河川水が大量に海に流れ込んだとき
 Dカキの健康被害があったとき
 E)プランクトンから検出されるウイルス遺伝子の動向及び消長
これらの要因を総合的に判断し、情報を提供していくこととしています。
なお、各要因が条件に該当するかどうかの判断基準については、以下のとおりです。
1. 伊勢湾周辺地域で感染性胃腸炎の流行があったとき・・・
   感染性胃腸炎定点当たり患者報告数の増加係数が3.0以上となったときから一定期間。
2. カキ養殖海域の水温が10℃以下となる時期・・・
   養殖海域の水深1.5mにおける海水温が10℃以下となったとき。
3. ノロウイルス(SRSV)遺伝子がカキのサンプルから検出されたとき・・・
   水深1.5mの採取サンプル5検体のうち、2検体以上からノロウイルス(SRSV)遺伝子を検出したとき
   (3検体以上検出の場合は++)。
   ※垂下水深の引き下げ後は水深3.5mから採取します。サンプルは浄化前のものを使用します。
4. 一度に50mmを超える雨が降り、河川水が大量に海に流れ込んだとき・・・
   最寄りの観測局における1日の降水量が50mmを超えたとき。
5. カキの健康被害があったとき・・・
   次の条件すべてに合致すれば1件として計上します。
   (食中毒に限らず有症苦情としてカキが疑われたものすべてを含みます)
    1) 三重県(伊勢志摩)産のカキを食べている。
    2) 症状、潜伏期間がウイルスによる食中毒様症状と類似している。
    3 )調査依頼(届出)を受けた保健所が調査をしている。
6. プランクトンから検出されるウイルス遺伝子の動向及び消長・・・
   プランクトンからノロウイルス(SRSV)遺伝子が検出及び遺伝子の型変化がみられたとき。
 みえのカキ・トップ  3つの安心の理由(わけ)  安心確保の取り組みについて  最新の海域情報
 過去の海域情報  安心システム参加者一覧  みえのカキ安心協議会組織図