伊勢海老 (イセエビ)  県のさかな
伊勢海老いせえび 分 類  十脚目イセエビ科
全 長  30cm
漁 法  さし網
 秋〜冬
主な料理  刺身、焼き物、煮物、汁物、蒸し物
  
 季節の魚一覧へ 
 目張 (メバル)
目張めばる 分 類  カサゴ目フサカサゴ科
全 長  30cm
漁 法  さし網、つり、延縄
 冬〜春
主な料理  煮物
沿岸の磯にすみ、磯釣りの対象としてよく知られている。すみ場所によって色彩に変化があり、これに応じてアカメバル、クロメバル、キンメなどと呼ばれるが、同一種である。胎生で、11月下旬から12月初旬に交尾し、交尾後約1か月で仔魚を産む。抱卵数は約5万で、生み出された仔魚は、はじめ沖合で浮遊生活をする。
  
 季節の魚一覧へ 
 皮 剥 (カワハギ)
皮剥かわはぎ 分 類  フグ目カワハギ科
全 長  25cm
漁 法  つり、篭、定置網
 秋〜春
主な料理  刺身、鍋物、煮物、干物
沿岸の岩礁またはそのまわりにすむ海水魚。5〜8月に直径0.6〜0.7mmの丸い粘着卵を産む。稚魚は流れ藻の下に群がり、動物性のプランクトンなどを食べている。5mぐらいになると海底に移り、底生動物を主食にする。成魚は小さい口から強く水をふき出し、海底の砂の中の小動物を食べる。
  
 季節の魚一覧へ 
 真牡蠣 (マガキ)
真牡蠣 分 類  二枚貝綱イタボガキ科
全 長  10cm
漁 法  養殖
 冬
主な料理  刺身、鍋物、椀種、酢の物、フライ
  
 季節の魚一覧へ 
 黒海苔 (クロノリ)
分 類  ウシケノリ目ウシケノリ科スサビノリ
全 長  5〜15cm
漁 法  養殖
 冬
主な料理  酢の物、味付けのり、きざみのり
  
 季節の魚一覧へ 
 赤魚(アカウオ) 阿古鯛(アコウダイ)ともいう
赤魚あかうお 分 類  カサゴ目フサカサゴ科
全 長  60cm
漁 法  定置網、つり
 冬〜夏
主な料理  煮物、蒸し物
深海の岩礁に住む海水魚。春から夏にかけては水深200m付近の浅場にくる。体側背方に大きな黒斑のあるものが多い。眼の下縁に接して2本のとげがあり、両目の間の頭の背面はわずかにくぼんでいるのが特徴的である。
  
 季節の魚一覧へ 
 青海苔 (アオノリ)
分 類  アオサ目ヒトエグザ科
全 長  5〜15cm
漁 法  定置網、つり
 冬・春
主な料理  つくだ煮、汁物
  
 季節の魚一覧へ 
 若布 (ワカメ)
若布わかめ 分 類  コンブ目コンブ科
全 長  80cm以上
漁 法  海女漁、養殖
 冬〜春
主な料理  刺身、酢の物、乾燥品、汁物
  
 季節の魚一覧へ 
 黒鯛 (クロダイ) 
黒鯛くろだい 分 類  スズキ目タイ科
全 長  30〜40cm
漁 法  さし網、つり
 春
主な料理  刺身、塩焼き、煮付け
沿岸魚で内湾に多い。夜行性でゴカイ類・貝類などの底生動物を貪欲に食べる。産卵期は4〜9月で、幼魚は河口で育つ。キチヌ・ヘダイと同じように、成長とともに性を変えることで有名。幼魚はすべておすで、体長25cmぐらいまでの大部分は両性、3〜4歳でおすまたはめすのどちらかになる。
  
 季節の魚一覧へ 
 ひらまさ
ひらまさ 分 類  スズキ目アジ科
全 長  100cm
漁 法  定置網、つり
 春
主な料理  刺身、照焼き、煮物、すしだね
沿岸を回遊す海水魚。ブリよりも高温を好み、22度前後の水温を追って夏には北のほうへ回遊する。ブリよりややおくれて初夏から夏にかけて産卵する。ブリに似るが、いっそう大きくなり、からだが薄い。肉は夏から秋にかけておいしい。※ぶり御三家(ブリ、カンパチ、ヒラマサ)の最上ランクとして珍重される高級魚。
 季節の魚一覧へ